2007 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
師匠
2007/10/21(Sun)
今日は私の友人のグリママ宅へ遊びに行ってきた。
もちろん夫ともなかも一緒である。

グリママは私の高校時代からの友人で、夫婦ぐるみで仲良くしてもらっている。
彼女は「グリ」と「ネロ」という名のパグ(♀)を2匹飼っている。

8歳のグリ。いつ会っても可愛い。

20071021225740.jpg


6歳のネロ。なかなかいいキャラクターである。

20071021225752.jpg


保護犬の通称「じぃじ」(♂)
推定年齢11~12歳。

20071021225803.jpg


もなかが初めてよそのお宅へお邪魔したのがグリネロ家だった。
グリママがワクチンが終わって間もないもなかを呼んでくれたのだ。
その頃、お散歩を始めて間もなかったもなかはまだまだ他のワンコにびびってご挨拶が出来なかった。

今でこそグリネロ姉さんの2倍近い体重のあるもなかだが、その頃はまだ4キロ弱のいたいけなパピーだった。
当然姉さん達の方が僅かながら大きい。

ワンコ世界の掟である臭い確認ももなかには初めての経験。
パピーに慣れているグリネロは吠えることもなくもなかにご挨拶しようと寄ってくるのだが、もなかはどうしていいか分からない。
部屋中を逃げ回るもなかを追いかけるグリネロ姉さん。

心配でもなかを抱こうとした夫にグリママは
「大丈夫。この子達はパピーに慣れているから。
臭いを嗅いで挨拶したいだけなの。
ワンコの事はワンコに任せて。」
と声を掛けてくれた。
それもそうだと見守る事にした私達夫婦。

それでももなかは逃げ続ける。
どうしたものかと思ったその瞬間!



もなかがお腹を出した。



こんな感じで。

20071021230447.jpg


グリネロ姉さんは臭いを確認すると「はいご苦労様。」ともなかから離れる。(当然)
取り残されたもなかは目を白黒させていた。が、この時初めてもなかは犬社会を学んだのだった。

20071021230604.jpg


その後もほかのワンコに会うとお腹を出すようになったもなか。
さすがに最近は自信が付いてきたようだが、それでも上下関係は崩れない。
体重が2倍近くになってもグリネロ姉さんにはあくまで低姿勢なのだ。

要求されなくてもお腹を出してるし・・・。(笑)

20071021225842.jpg


グリネロ姉さんはもなかにとって犬社会における「師匠」なのである。
本当にありがとう。
これからもよろしくね♪

パピーの頃から可愛がってもらっているグリママが大好きなもなか。
抱っこしてもらってご満悦。

20071021225851.jpg


しかし、最近マーキングに余念のないもなか。
やってくれちゃいました。(涙)
師匠のお宅でなんて事を!!

グリママごめんね~。(汗)

こちらの社会化はどうやったら・・・。(悩)


ランキングに参加しました。
ポチっとクリックお願いします♪
    ↓
  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。