2007 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
読んでから見る
2007/10/15(Mon)
私の趣味は読書と映画鑑賞とテレビ観賞だ。
テレビは観賞するというより、ただだらだらと見ていると言った方が正解かもしれない。
いや、ズバリ正解だ。
(超インドア派だ。)

10月はテレビの新番組改変期。
失礼ながら全く面白いドラマのなかった7月期に比べ10月期は私の大好きな「相棒」(テレビ朝日系)が始まる。
とっても嬉しい。
レギュラー放送になってから一話も欠かさず見ている。
「土曜ワイド」枠で放送していたときには見ていなかったのでDVDを買って見たくらいだ。

その他に今日から始まったフジテレビ月9ドラマ「ガリレオ」に注目している。
なぜなら私はこのドラマの原作者、「東野圭吾」氏の大ファンなのだ。

20071015225643.jpg


私はもちろんこのドラマの原作である「探偵ガリレオ」も「予知夢」も読んでいる。
東野作品としては読みやすく、一気に読んだ記憶がある。
東野圭吾氏は小説が映像化される時には一切タッチしないという。
小説が原作の映画もドラマも登場人物やストーリーを脚色、変更していることはよくある。
私は映像作品は原作とは別物として見るのでさほど気にはならない。

20071015230656.jpg


個人的には月9枠で放送するため、刑事を女性(柴咲コウ)にしてロマンスを織り込もうという意図が見えるのが残念だ。

昔、私は「ガリレオ」役の福山雅治はあまり好きではなかった。
甘いマスクがちょっと・・・だったのだが、彼のラジオを聴いているうちに年齢相応のオヤジくさい話に好感を持ってしまった。
原作のイメージの湯川学より遙かにいいオトコだがドラマなので良しとしよう。
(何故上から目線?)

20071015231627.jpg


その昔、角川映画が隆盛を誇っていた頃、
「見てから読むか、読んでから見るか」
というコピーがあった。
私は今は「読んでから見る」派だ。
若い頃は読んでから見ると「ここが違う、あそこはイメージと違う」と原作と映像の違いばかりに目がいっていたのだが、年を重ねるうちに原作と映像の違いが気にならなくなってきた。
それより自分が読んで気に入った作品を監督、脚本家、役者達がどのように味付けし、映像化するのかが楽しみになってきたのだ。

20071015232511.jpg


年を取るということは新たな楽しみを見つける事でもあるのだと思う。

映画では今月27日公開の業田良家原作の「自虐の詩」が楽しみだ。
「嫌われ松子の一生」で薄幸の女性を好演した中谷美紀と脂の乗り切っている阿部寛のタッグ。
思わず泣ける映画に仕上がっていることを期待している。

今はコーギーらいふのおおなつさんお勧めの京極夏彦氏の「姑獲鳥の夏」を読んでいる。
私にとって初めての京極作品だ。
この小説も映画化されている。
読み終わったらDVDを借りて見てみよう。
しかしさすが京極作品、なかなか手強い。
いつ読み終えるか心配である。(笑)

20071015233303.jpg


さて今日、第一話放送の「ガリレオ」を見たが感想は

やっぱ、月9だね。(笑)

20071015233555.jpg


はいはい・・・。

今日の日ハムは気持ちのいい勝利だった♪
いよいよ王手だ!ファイターズ!
明日で決めるぜ!ファイターズ!


ランキングに参加しました。
ポチっとクリックお願いします♪
    ↓
  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。