2007 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋の使者
2007/10/05(Fri)
今日ももなかは朝からこぎおで遊んでいた。
順調に綿を穿り出している。

20071005210927.jpg


何故誇らしそうな顔をする?(汗)



気が付けばもう10月。
朝晩はめっきり冷え込んできた。
空気も乾いていて気持ちがいい。

私は四季の中では秋が一番好きだ。
誕生日が10月なのもある。
食べ物が美味しい季節なのもある。
なにか一枚はおるものが欲しくなるくらいの気温が一番心地いいのだ。
北海道の秋はどうしても長い冬を連想させてしまうが、その長い冬までのほんの僅かなこの季節が好きなのだ。

木々の緑がだんだん様々な色に染められてゆく。
仕事をしていた時のこと。
ある秋の朝、通勤途中気持ちよく晴れ渡った空。
それを見上げる私の心は憂鬱だった。
仕事で色々な問題を抱えていた時期だった。
信号待ちをしていたその時、ふと風が吹いてきた。
何気なくその方向を見るとそこには見事に黄色に色づいた銀杏並木が見えた。
毎日この道を通っていたのに全く気づかなかったのだ。
朝日に照らされた銀杏の葉が、そこだけ違う世界のように道路いっぱいにきらきらと舞っていた。

ほんのわずかな時間だったのだろうが私の中で一瞬時間が止まった。
こんな綺麗なものにも気づかずに悩んでばかりだった自分が全く余裕を失っていたことに気づいたのだ。
このままでは何も変わらない。
そう気づいた瞬間だった。



今年の夏は異常な程暑かった。
もうこのまま永遠に夏のままかと思ったくらいだ。
(そんな訳ない)
そのせいか紅葉もゆっくりのようだが、確実に秋の足音は近づいている。

ほら、こんなところにも。

20071005210939.jpg


もなかのお尻に秋の使者。

20071005210950.jpg


とんぼです。
今までも夕方にとんぼを見かけたことはあったが、この時はちょうどお昼の12時だったのだ。
だんだん秋も深まっていくのね。

20071005210959.jpg


そろそろ私の大好きな柿も甘くなってくるわね。
あ、ワンコに柿はダメだったはず。
もなかに隠れてたべなきゃ。(笑)


ランキングに参加しました。
ポチっとクリックお願いします♪
    ↓
  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。